大学生講師とプロ講師、どちらがオススメ?

大学生講師について

大学生講師は、大学に通いながらアルバイトで家庭教師をしている講師のことです。家庭教師センターに所属している場合や、大学のサークルに在籍している場合、個人で運営していることもあります。

メリットとしては、プロ講師に比べて受験から日が経っていないので、受験や勉強に対する生きた情報を聞くことができるという点です。またお子さんとの年齢が近いので、親しみやすい存在であるともいえるでしょう。費用面で考えると、アルバイトなのでプロ講師に比べて安く設定されています。

デメリットとしては、現役の大学生なので家庭教師としての経歴が浅く、中には初めて人を指導するという方も少なくありません。また、サークルや部活動など、自分の都合を優先して、授業の日程がまちまちになってしまう可能性もあります。

プロ講師について

プロ講師は、職業として家庭教師をしている方のことです。こちらも、家庭教師センターに登録している場合と、個人で運営している場合があります。

プロ講師のメリットは、家庭教師を生業としているため、専門的な情報や意見をもっているということです。大学生講師と違って指導経験も豊富なため、成績アップのためのノウハウを実践することができます。また受験対策においても、各校の対策を練ってくれるでしょう。

しかし大きなデメリットとして、優秀な「プロ講師」かを判断する手段がない点が挙げられます。資格制度がないため、「プロ講師」を名乗ることは誰にでもできるということです。また、お子さんによっては、大学生講師に比べて親しみにくい存在かもしれません。さらに、プロとしての仕事をお願いするため、費用が高くなります。

うちの子にピッタリなのはどっち?

では、大学生講師とプロ講師、どちらにお子さんを任せればいいのかを検討していきましょう。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、簡単に判断ができない問題ですが、ご自分の感覚で判断せずに、お子さんの性格と日ごろの学習態度を決めて総合的に決めることが重要です。

成績アップのみを考えれば、プロ講師に任せるほうが得策といえます。しかし、「学校の先生が家にいるみたいで緊張する」と思ってしまうお子さんもいるでしょう。その場合は、距離が近い大学生講師のほうが、成績が上がる可能性があります。

ですが、優秀なプロ講師は精神面のケアまでしてくれることもあり、相性次第で飛躍的に成績を伸ばすことも可能なのです。

お子さんのタイプを見極めてから講師の決定をする、という順番を守ることが必要といえるでしょう。

TOPへ戻る